換金クレジットは大丈夫との評判!でも換金率98%で現金化はウソ?

換金クレジットは大丈夫との評判!でも換金率98%で現金化はウソ? 換金クレジット

クレジットカード現金化で、利用しても大丈夫な優良業者と言えば、換金クレジットがあります。

換金クレジットの大丈夫という評判・口コミは、本当なのでしょうか?

換金クレジットの換金率とお客様の満足度

換金クレジットの換金率とお客様の満足度

換金クレジットは、換金率(還元率)が高いという評判や口コミがあります。

一方で、換金率(還元率)は、低すぎるという酷評もあります。

換金クレジットの換金率(還元率)表から、チェックしてみましょう。

換金クレジット詳しく見てみる

換金クレジットの換金率(還元率)表

申し込み金額 当日プラン 通常プラン
1万円~10万円 91% 92%
11万円~50万円 93% 94%
51万円~100万円 95% 96%
101万円~200万円 97% 98%

換金クレジットには、当日プランと通常プランがあります。

当日プラン

当日プランは、現金化のスピード重視の人におすすめのプランです。

午後2時45分までに、クレジットカードの決済確認が取れれば、当日に現金が振り込まれます。

また、後で詳しく述べますが、ネット銀行なら、もっと遅くまで当日振り込みに対応できます。

当日振り込みは、クレジットカード現金化でも満足度の高いサービスです。

通常プラン

通常プランは、現金振り込みまで数日間かかるプランです。

スピードは劣りますが、その分換金率(還元率)は、ちょっと高くなります。

時間的に余裕があるなら、通常プランの方が、ちょっとだけお得です。

換金率(還元率)も、クレジットカード現金化の満足度が重視されるポイントです。

実際の換金率とおすすめ度

実際の換金率とおすすめ度

  • 実質換金率:70台後半%~80台後半%

クレジットカード現金化のHPを見ると、換金率(還元率)表が、記載されている業者とそうでない業者があります。

以前は、ほとんどのクレジットカード現金化業者が、換金率(還元率)表を、提示していました。

しかし、最近では、換金率表を記載している業者が、徐々に減っています。

実際の換金率は、利用してみないと分からなくなっています。

換金クレジットも、例外ではありません。

というのは、換金率で出した金額から、振込手数料などが差し引かれるからです。

ただ、一つ言えることは、換金クレジットは、悪質業者ではないということです。

換金クレジットの実際の換金率は、利用金額にもよりますが、70数%~80数%です。

これは、他社の換金率と比べても、決して低い水準ではありません。

通常のクレジットカード現金化業者なら、実質換金率は70%前後です。

実質換金率が、90%以上のクレジットカード現金化業者は、まずありません。

換金クレジットの実質的な換金率は、業界でもトップクラスの高さです。

評価と満足度

クレジットカード現金化の満足度は、

  • 換金率
  • スタッフの応対
  • 手続のスピード

の3つが、大きなウェイトを占めています。

換金クレジットの換金率は、先ほど言ったように、業界でもトップクラスの高さです。

スタッフの応対は、非常に明るくてハキハキした応対です。

これは、後ほど口コミでも紹介します。

現金振り込みまでの手続きのスピードは、業界でも指折りの速さです。

手続き完了後、すぐに現金が振り込まれます。

振込みのスピードについても、口コミで紹介します。

また、後ほど詳しく説明します。

換金クレジットの3点の評価や顧客満足度は、非常に高いものがあります。

換金クレジット公式ページ

換金クレジットの評判と口コミは大丈夫?

換金クレジットの評判と口コミは大丈夫

換金クレジットの評判や口コミを見ると、大丈夫と書かれているものが多く見られます。

その反面、怪しい、危険、詐欺のような評判や口コミもたくさんあります。

正反対の評判や口コミがあるので、参考にしようと思うと迷ってしまいます。

利用者に募集した、換金クレジットの評判・口コミを紹介します。

総じて、大丈夫という評判・口コミが多かったです。

換金クレジットの利用者の評判と口コミ

すぐにお金が必要だったので、換金クレジットを利用しました。
即日、それも30分後には、現金が振り込まれていたので、とても満足しています。
30代 男性
初めて利用しましたが、手続きは簡単でした。
スタッフの方に言われたようにすれば、手順を見なくても大丈夫でした。
20代 女性
利用金額に、換金率表のパーセントをかけた金額が振り込まれると思っていました。
実際には、そこから手数料などが引かれるのですね。
もう少し詳しく書いておいてほしかったです。
40代 女性
最大98%の換金率って嘘ばっかり。
悪くても12万円で112,800円期待していたのに、ガッカリ。
40代 男性
換金クレジットのHPには、どこよりも高い換金率と書かれていました。
でも、換金率は、他社と比較してもビックリするほど高くはありません。
多分、他よりちょっと高いくらいだと思います。
30代 女性
スタッフの方の応対が、明るくキレがありました。
他社にも電話しましたが、企画にならないほど換金クレジットが良かったです。
40代 男性
何よりも、スピード重視で換金クレジットに申込みました。
即日、午前中には現金化されていたので満足です。
30代 女性

2chの口コミはホント?

2chの口コミや評判は、本当なのでしょうか?

2chの口コミの信ぴょう性には、賛否両論があります。

2chは、無料で匿名で書き込みできます。

ですので、誠実な人の書き込みもあれば、そうでない人の書き込みもあります。

参考にするのはいいですが、そのまま信じることは危険です。

Yahoo知恵袋でも、種類は違いますが、同じようなことが言えるかもしれません。

クレジットカード現金化業者が、自作自演で褒めちぎった回答をしているものもあります。

また、ライバル業者を、思い切り貶している回答もあります。

このように考えると、褒めすぎているもの、貶し過ぎているものは、信ぴょう性が低いと言えます。

クレジットカード現金化の換金率とは?

クレジットカード現金化の換金率

クレジットカード現金化には、換金率(還元率)というものがあります。

単純に言うと、100%と換金率の差が、クレジットカード現金化業者の粗利益になります。

実際には、クレジットカード会社への手数料などが、この差額から引かれます。

なので、クレジットカード現金化業者の利益は、さほど多くはありません。

クレジットカード会社の手数料は、加盟店や取扱品によって変動します。

通常1%~10%程度が、加盟店手数料としてクレジットカード会社が取ります。

仮に、加盟店手数料が5%だとすると、95%の換金率で、利益がゼロになります。

振込手数料や電話代、スタッフのお給料などを考えると、大きな赤字になります。

先ほど、換金率が90%を超える業者は、ほぼ無いといったのは、このような状況だからです。

利用金額にもよりますが、換金率が80%台でも、クレジットカード現金化業者の取り分は、さほど多くはありません。

クレジットカード現金化の換金率(還元率)の相場

換金率と加盟店手数料や経費を考えると、クレジットカード現金化の換金率の相場が見えてきます。

10万円の利用で、加盟店手数料が5%だとすると、最大で95,000円になります。

仮に、80%の換金率だと、8万円の現金化になります。

95,000円から80,000円を引くと、15,000円しか残りません。

15,000円の中から、振込料や電話代、事務所の家賃、スタッフの給料が必要になります。

これでは、余程、取扱件数が多い業者でないと、商売が成り立ちません。

先ほど、通常のクレジットカード現金化業者の換金率相場は、70%前後だと言いました。

換金率表と比べると、70%の換金率は、いかにも低いように見えます。

しかし、クレジットカード現金化業者も商売です。

ある程度の利益がなければ、商売になりません。

この部分を考慮すると、換金クレジットの換金率は、非常に高いと言えます。

換金クレジット詳しく見てみる

換金クレジットの特徴と信頼性について

換金クレジットの信頼性

これまでの説明で、換金クレジットの信頼性や安全性は、ある程度ご理解いただけたと思います。

でも、もう少し詳しく項目的に見ていきましょう。

なにせ、現金が絡むことですから、クレジットカード現金化の業者選びは、慎重にしていただきたいと思います。

高い安全性で個人情報も大丈夫

クレジットカード現金化というと、怪しいイメージを持つ人も多くいます。

クレジットカード現金化業者の中には、個人情報を転売するところもあるという噂があります。

しかし、換金クレジットは、そのようなことを聞いたことがありません。

個人情報もしっかり管理されているので、安心安全に利用できます。

すべてのクレジットカード対応

すべてのクレジットカード対応

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約では禁止されています。

実際に違法ではないのですが、規約上は違反になります。

その為、利用制限の厳しいJCBやAMEXカードの利用ができないクレジットカード現金化業者は、数多く存在します。

これは、手数料の安い決済代行会社を利用しているためです。

しかし、換金クレジットは、全てのクレジットカードが利用できます。

換金クレジットが、大手のしっかりした決済代行会社を利用しているからです。

手数料は高いのですが、その分安心安全に利用できるのです。

法人カード優遇キャンペーン

  • 法人カード:換金率5%UP
  • 個人事業主:換金率3%UP

換金クレジットは、法人カードや個人事業主の方には、換金率の優遇キャンペーンがあります。

法人カードの場合、換金率が5%アップ。

個人事業主のカードの場合、換金率が3%アップのキャンペーンが実施されます。

ただ、このキャンペーンは、いつやっているのか、元の換金率(還元率)が何%なのか、詳細がよく分かりません。

ご利用の際は、スタッフに相談してくださいね。

安心のカードトラブルなし

先ほども言いましたが、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約には違反しています。

ということは、クレジットカード会社に、現金化目的でカードを利用したことが分かると、ペナルティがあります。

そのペナルティとは、

  • クレジットカードの利用ができなくなる
  • 商品代金の一括支払い

という、非常につらいものです。

クレジットカード会社は、規約により、利用者の同意なくカードの利用を停止することができます。

自分で現金化をしたり、怪しい業者を利用すると、クレジットカード会社からすぐに目を付けられます。

というのは、換金性の高い商品を、大量に購入することになるからです。

しかし、換金クレジットは、これまでクレジットカードのトラブルはありません。

換金クレジットを利用して、クレジットカードが使えなくなったということもないので安心です。

それは、信頼できる大手の決済代行会社を、利用しているからです。

大手の決済代行会社は、安心できる代わりに、手数料が高くなります。

なので、換金クレジットのような利用者が多い業者でないと、利用することはできません。

最短5分のスピード振込み

最短5分のスピード振込み

クレジットカード現金化の大きなメリットは、即日に現金が調達できることです。

インターネット上で、日本全国どこからでも、申し込みができます。

申込から手続き完了まで、慣れている人なら数分で終わります。

初めての人でも、数十分で手続き完了できます。

手続き終了後、換金クレジットが、カードの決済を確認すれば、最短5分で現金振り込みが可能です。

初めての人でも、早ければ、申し込みから現金振り込みまで30分程度で完了します。

しかし、いかに換金クレジットがスピード振込でも、混み具合によって、普段よりも時間がかかる場合があります。

時間は余裕をもって、申し込みしてくださいね。

換金クレジット詳しく見てみる

24時間即日振込み可能

換金クレジットは、

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBI銀行
  • ゆうちょ銀行

なら、午後3時以降でも振り込みが可能です。

土曜日・日曜日も関係なく、365日24時間振込が可能です。

ただし、換金クレジットの営業時間外は、翌日扱いになります。

審査・来店は一切不要

換金クレジットは、インターネット型のクレジットカード現金化です。

したがって、店舗での現金化は行っていません。

来店は、一切不要です。

店舗まで行く必要がないので、その分早く現金化できます。

また、クレジットカード現金化は、融資ではありません。

クレジットカードのショッピング枠を、現金化するサービスなので、審査は一切不要です。

クレジットカード会社が、クレジットカードを発行するときに、すでに審査は完了しています。

誰にも内緒で現金化

誰にも内緒で現金化

現金振り込みの通帳にも、換金クレジットの名前は出ません。

現金は、あなたの銀行口座へ振り込まれます。

銀行やコンビニのATMで引き出せます。

換金クレジットなら、家族にも、会社にも、誰にも内緒で現金化できます。

リピーターが多い

意外に思われるかもしれませんが、クレジットカード現金化は、リピーターが多いサービスです。

とは言っても、条件の悪いクレジットカード現金化業者は、誰も二度とは使いません。

換金クレジットは、リピーターが多いクレジットカード現金化業者です。

リピーターが多いということは、

  • 換金率やサービスが良い
  • 安心できる
  • 安全に利用できる
  • 手続きが速い

など、換金クレジットを利用するメリットを感じる人が多いということです。

在籍確認なし

換金クレジットは、勤務先への在籍確認はありません。

また、家族への確認の電話もありません。

換金クレジットを利用していることは、誰にもバレません。

営業時間

  • 営業時間:8時から21時

換金クレジットは、年中無休です。

電話がつながる営業時間は、午前8時から午後9時までです。

これが一応換金クレジットの営業時間です。

午後9時を過ぎると、スタッフがいないので、ネット銀行であっても振込はできません。

当日振り込みを希望される場合は、振込手続きが9時までに完了するように申し込みしてくださいね。

ネット振込でも、当日振り込みの目安は、午後8時までです。

その時の込み具合によっては、もう少し時間がかかることもあります。

くれぐれも、時間には余裕をもって申し込みしてくださいね。

換金クレジット申込み手順と必要書類

換金クレジット申込み手順

換金クレジットの、申し込みの手順はとても簡単です。

ここでは、換金クレジットの手順と、必要書類を説明します。

簡単手続きで初めてでも安心

換金クレジットの手続きは簡単です。

スマホから申込フォームを利用して、ほんの数分で申し込みができます。

電話でもできますが、間違いがないように、申し込みフォームの利用をおすすめします。

申込み手順

換金クレジットホームページ
換金クレジットの申し込み手順は、たったの4ステップです。

  1. 申し込み
  2. クレジットカードで商品購入
  3. 現金振込
  4. 商品発送

以上です。

順番にもう少し詳しく解説します。

申し込み

換金クレジット申し込み

換金クレジットのHPにある申込フォームに、必要事項を入力して送信します。

入力項目は、大したことありません。

入力必須項目は、

  • お名前
  • お名前のふりがな
  • 電話番号
  • 連絡希望時間
  • メールアドレス
  • クレジットカードの有無
  • カードの利用残高

以上の項目です。

慣れた人なら、ほんの1~2分で入力できます。

私のような不器用な者でも、5分もあれば入力できました。

カードの利用残高は、クレジットカードの裏に書いてある電話番号に電話すれば、すぐに教えてもらえます。

換金クレジットが代わりに確認してくれますが、自分で確認することをおすすめします。

カードの情報やカード番号など、できる限り人に知られない方が良いですから。

以上の項目を入力して、一番下の『入力内容確認画面へ』というオレンジ色のボタンをタップします。

後は、入力項目に間違いがないか確認して、送信してください。

クレジットカードで商品購入

申込が完了したら、換金クレジットのスタッフから電話がかかってきます。

申込フォームに入力した、希望の時間帯にかかってきます。

この時、スタッフから購入する商品が指定されるので、クレジットカードで購入します。

現金振込

換金クレジットで、クレジットカードの決済確認が完了すれば、現金が振り込まれます。

決済確認後、早ければ5分で、現金振り込みが完了します。

通常、10分~20分くらいで、現金が振り込まれます。

クレジットカードで商品を購入してから、30~40分程度で振り込まれます。

ただし、その時の混雑状況などによって、もう少し時間がかかるときもあるようです。

時間には余裕をもって、申込みしてくださいね。

商品発送

後日、クレジットカードで購入した商品が、自宅に送られてきます。

必ず受け取ってくださいね。

クレジットカードで商品を購入すること、クレジットカード現金化を利用することができます。

まれに、忘れて、受け取り拒否される人がいます。

受け取り拒否すると、現金だけ受け取って、商品を購入しないことになります。

これは、詐欺罪になるので、必ず商品は受け取ってくださいね。

必要書類

必要書類

換金クレジットの利用時には、

  • クレジットカード(本人名義)
  • 本人確認用の身分証明書
  • 振込口座(本人名義)

が、必要です。

クレジットカードも振込口座も、本人名義のものが必要になります。

他人のクレジットカードは、利用できません。

また、親兄弟のクレジットカードも利用できません。

これは、クレジットカードの不正な利用を防止するためです。

クレジットカードと振込口座が、本人名義のものが必要なのは、なんとなくご理解いただけると思います。

では、『どうして本人確認書類が必要なのか?』と、思われるかもしれません。

これは、法律で決まっているのです。

クレジットカード現金化は、古物商の許可で営業しています。

クレジットカードで購入した商品は、新品ではあります。

しかし、一旦あなたが購入して商品を、買取業者に販売する時点では中古品となります。

未使用品でも、中古品になります。

自動車の新古車と同じです。

一旦、他の人のものになると、いくら未使用品でも中古品になります。

中古品を扱う場合、古物商の許可が必要です。

古物商は、中古品を買い取るときには、買い取る相手も本人確認をしなければなりません。

これは、盗難品流通防止の観点から、厳しく法令で決められています。

換金クレジットが、本人確認書類を求めるのは、個人情報を手に入れるためではありません。

法律を順守して、きっちり営業しているからです。

本人確認書類で利用できるもの

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 学生証(満20歳以上の学生に限る)
  • 在留カード

これらの身分証明書のいずれかを、写メかFAXで送信します。

ちなみに、悪質なクレジットカード現金化業者は、クレジットカードの表裏両面のコピーを求める場合があります。

クレジットカード現金化に、クレジットカードの両面コピーは一切必要ありません。

とくに、裏面のコピーを取られると、本人でなくてもネット上でクレジットカードで買い物ができてしまいます。

カードのコピーを求められたら、絶対にその業者を利用してはいけません。

換金クレジット公式ページ

クレジットカード現金化の仕組みとは

クレジットカード現金化は、必要な時に現金が手軽に調達できるサービスです。

キャッシングやカードローンのような融資ではありません。

ですので、審査も保証人も担保も必要ありません。

『クレジットカード現金化って、いったい何なの?』
と、言う声が聞こえてきそうです。

クレジットカード現金化を安全に利用するために、その仕組みを説明しておきたいと思います。

ショッピング枠を現金化

クレジットカードには、お買い物で利用できる限度枠として、ショッピング枠が設定されています。

そのショッピング枠の一部が、キャッシングで利用できる枠になります。

例えば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円とします。

このクレジットカードでは、キャッシングを15万円したとします。

すると、お買い物できる枠は、

50万円-15万円=35万円

となります。

また、お買い物で38万円利用したとすると、

50万円-38万円=12万円

この12万円が、その後お買い物又はキャッシングできる限度額になります。

クレジットカード現金化を利用するなら、カードのキャッシングでお金を借りたらよいという意見もあります。

しかし、クレジットカードは、キャッシングできる限度額は、お買い物できる限度枠の一部分です。

なので、キャッシングの限度額いっぱいお金を借りていても、クレジットカード現金化は利用できる可能性があります。

お買い物できるショッピング枠に残高があれば、クレジットカード現金化は利用できます。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して購入した商品を、買い取ることで現金に換金します。

また、キャッシュバック付きの商品を購入することで、キャッシュバックというカタチで、クレジットカード現金化する方法もあります。

クレジットカード現金化は、自力ですることも可能です。

換金率の高い商品を購入し、それを金券ショップなどで買い取ってもらえば、自力で現金化できます。

しかし、これは非常に危険な行為になります。

新幹線回数券は危険

新幹線回数券は危険

自力でクレジットカード現金化をする場合は、換金率の高いものを購入する必要があります。

例えば、新幹線の回数券や、商品券などです。

新幹線の回数券や商品券は、金券ショップで95%前後で買い取ってもらえます。

しかし、クレジットカードで、新幹線の回数券や商品券を買うと、一発でクレジットカード会社に目をつけられます。

クレジットカード会社は、怪しいと思ったら、カードの使用をすぐに停止します。

規約により、契約者の意思を確認する必要はありません。

そして、クレジットカードの利用代金を、一括請求されてしまいます。

また、今後クレジットカードは、一切作れなくなってしまいます。

クレジットカード現金化は、自力ですればすごく高い換金率で現金化できます。

しかし、危険性もすごく高くなります。

クレジットカード現金化の悪徳業者

クレジットカード現金化の悪徳業者

ネットで、クレジットカード現金化を検索すると、怪しい、詐欺、悪徳と言った評判があります。

残念ながら、クレジットカード現金化業者の中には、怪しい詐欺まがいの悪質業者も存在します。

  • クレジットカードの情報を取って、カードの不正利用をする。
  • クレジットカードで商品を購入させて、現金を振り込まない。
  • 振込みを数回に分割して、その都度高額な振込手数料を差し引く。

など、詐欺まがいのことをする業者もあります。

クレジットカー祖現金化の利用は、大手の優良店を利用しましょう。

キャッシングと現金化の違い

クレジットカード現金化は、キャッシングとよく間違われます。

しかし、似て非なるものです。

キャッシングは、お金を借りるものです。

クレジットカード現金化は、クレジットカードで購入した商品を現金化するものです。

クレジットカード会社が、審査して支払いを保証しているショッピング枠を利用します。

ですから、クレジットカード現金化の利用時には、キャッシングのような審査は必要ありません。

キャッシングのように、会社に在籍確認する必要もありません。

タイトルとURLをコピーしました